がーくん水産~2号店~

お引越ししました! まったり更新の釣り&釣った魚の料理ブログです。最近シーバスに偏り気味。阪神間をメインに釣行しています。たまに和歌山。シーバス、アジング、メバリング、青物、ショアジギング、ガチの投げ釣り。

【料理】~サゴシの一夜干し~

前回釣れたサゴシで一夜干しをつくった。

 

 

 

 

~サゴシの一夜干し~

 

f:id:garkun484:20190709010245j:plain



◆材料

 

サゴシ  好きなだけ

塩    適量 

水    適量

 

テキトーすぎる。

 

 

魚をザルにならべて塩を振ってつくってもいいのですが、自分は食塩水にひたしてつくります。

 

 

まずは食べやすい大きさに捌きます。

今回は、炙るだけで手軽に食べれるように三枚おろしに。

血合いは歯ブラシなんかでキレイに掃除して、余分な水分はフキンで拭き取っておきます。

 

 

10%~15%の濃度の塩水を作ります。

塩はあら塩がおすすめです。

白身の魚は薄め。青魚は濃い目で。

 

今回は、13%~15%くらいの濃度にしてみます。

 

だいたい塩大さじ1が18gくらい。

 

 

味の濃さは塩水の濃度と、漬け時間で調整。

普通は20~30くらいでしょうか。

 

塩水からあげて、軽く水洗い。

余分な塩分を流します。

 

 

風通しの良い日陰で半日ほど干します。

(100均のネットが便利!)

その名の通り、夜に干して朝に取り込むとちょうどいいです。

 

 

 

あとは一枚ずつラップにくるんで冷凍しておきます。

 

一夜干しは解凍しなくても、凍ったまま、グリルで炙ればすぐに食べれるので、酒の肴に大量生産しています。

 

 

 

塩加減が奥が深く、毎回上手にはいきませんが、それはそれ。

 

逆に、希にできる会心の出来栄えのときの達成感がたまりません。

 

 

簡単に作るなら、一夜干シートなる便利グッズもありますね。

 

 

 

完成品の写真とるのわすれた