がーくん水産~2号店~

お引越ししました! まったり更新の釣り&釣った魚の料理ブログです。最近シーバスに偏り気味。阪神間をメインに釣行しています。たまに和歌山。シーバス、アジング、メバリング、青物、ショアジギング、ガチの投げ釣り。

ルアーのフックの絡み防止

ルアーをケースにそのまま入れると、フックどうしがからまって、すぐに取り出せなかったり、
速攻で針先がなまくらになったりしますよね。


自分は輪ゴムでフックを止めてました。


フックカバーでもいいと思うんですが、フックカバーって意外にかさばるので、
ケースの容量を圧迫するし、脱着が面倒。




こうしとくと、ルアーどうしがからまなくなって、ルアーチェンジもスムーズに行くし、
針先へのダメージも最小限で済むと思う。



んで、はずした輪ゴムは、リールコードに取付たカラビナにひっかけておいて、
使い終わったルアーをケースに収納するときに、すぐにとりだせるようにしています。


さて、この方法、とても便利なんですが、ひとつ難点が・・・。


輪ゴムの劣化


普通の輪ゴムって、紫外線ですぐに劣化して、ブチブチ切れるようになるんですよね。
溶けてルアーにこびりついたり。


この問題を解決すべく、対候性に優れ、劣化しにくいシリコンの輪ゴムを導入してました。


ずっと使ってましたが、劣化でちぎれることなく、使用感は良好です。


シリコンの輪ゴム、安いもんですし、オススメですニコニコ


まあ、最近はルアー本体とフックを別で管理してるんで、あんま出番ないですがね・・・。笑