がーくん水産~2号店~

まったり更新の釣りブログです。子供が大きくなってきて、一緒に遊ぶのが楽しくなってきたので最近息子とのお出かけ記事が多目になってきました。いろいろご縁がありまして、最近では兵庫県北部但馬地方推しになっています。雑多なブログですがよろしくお願いいたします。

今が一番アツい!チニング淀川スタイル

スポンサーリンク

先日のシーバスウェーディング釣行で、淀川スタイルで(というか、ワームで)初めてチヌを釣ったことに味をしめ、ふたたび行ってきました。

 

スポンサーリンク

 

従来のボトムチニングスタイル

こういったラバージグにトレーラーワームをセットして、チヌのメインの餌である小さな甲殻類が移動するぐらいのスピードで、ゆっくりずるずるとボトムを引いてくる釣り方がメインでした。

こんなのとか

こんなのとか

各社から根がかりしにくいように工夫をこらしたラバージグ(というかジグヘッドというか)が販売されていますね。

淀川スタイル

最近盛り上がりを見せているのが淀川スタイルのチニング。

淀川をホームとするチニング凄腕ガチ勢の方々が研鑽を重ねられたタックルセッティングですね。

使うロッドとか、リールとか、ラインとか、いままでのチニングとは色々違うところがあるみたいなんですが、とりあえず一番違うのはルアー。

ラバー系+トレーラーワームではなくて、フリーリグ+オフセットフック+(クロー系)ワームなんですね。

詳しくは、年間2100枚チヌを釣っている凄腕中の凄腕のもりぞーさんが動画で解説してらっしゃいますのでご覧あれ。

www.youtube.com

めちゃくちゃわかりやすかったです

飛距離、手返しの良さ、根がかりのしにくさ、釣りのスピード感。

聞けば聞くほど、広大なフィールドで活性の高いチヌを釣っていくことに関して非常に効率的なタックルセッティング&メソッドだということがわかります。

スポンサーリンク

 

実釣編

夕マヅメからいつものシャローにて実釣開始。

まずは浮気心でちょっとシーバスを狙ってみますが、反応なし。

ベイトはいるけど、全然逃げずにゆうゆうと泳いでいるもんね。

まだまだ水位が高くてイナッコが安全圏に避難できる水深なので、シーバスを狙うには潮位がちょっと合ってない感じですね。

早々に見切りをつけてチニングにチェンジです。

いよいよチニング、ファーストヒット!

フリーリグに付け替えて、いよいよチニング開始です。

ワームは王道のクレイジーフラッパー。

フリーリグ+オフセットフックの組み合わせは、飛距離が出る上に根がかりしないので臆することなくルアーをゴロタゾーンに叩き込めますね。

僕のホームポイント、根掛りがまあまあヤバいんです。

「確かあのへんに岩が沈んでいたはず」っていうところにキャストしたらファーストフォールでヒット。

f:id:garkun484:20210725230336j:plain

ワームの足だけ美味しくいただかれましたw

巻きでチニング

ワームを付け替えてふたたびトライ。

フィールドが広いので、動画で学んだ通りに巻きの釣りでテンポよく探っていきます。

あたりが暗くなってきてので、巻きスピードは気持ち遅めに。

ワームは派手な色をチョイスしています。

f:id:garkun484:20210725230438j:plain

食ったね!

ラバー系だと根がかり必至な水底が激荒いポイントなんですが、スリムシンカーのフリーリグ+オフセットフックだと根がかりが皆無でした。

シンカーが障害物にひっかかっても、竿をあおってあげれば余裕で外れます。

スポンサーリンク

 

この根がかり回避性能は感動モンですね。

根がかりしないから安心して攻められるし、根がかりを外したり、切れた糸を結び直したりする時間もかからないので、非常に手返しもいいです。

そして、いつもなら躊躇してしまうような場所も安心して攻めることができる。

f:id:garkun484:20210725230619j:plain

 

f:id:garkun484:20210725230646j:plain

ちょろっと釣行でしたが、いい感じで釣れてよかったです。

まとめ

フリーリグチニング、まじでいいですね!

淀川スタイルさすがっす!

面白かったからまた行こう!

ではまた!