がーくん水産~2号店~

まったり更新の釣りブログです。子供が大きくなってきて、一緒に遊ぶのが楽しくなってきたので最近息子とのお出かけ記事が多目になってきました。いろいろご縁がありまして、最近では兵庫県北部但馬地方推しになっています。雑多なブログですがよろしくお願いいたします。

いいところですよ、居組(いぐみ)県民サンビーチ

スポンサーリンク

前回の記事はこちら

 

www.garkunsuisan.com

 

 
後編は海にフォーカスをあてて…
 
居組には「居組県民サンビーチ」という、キャンプ場が併設された海水浴場があります。
 
居組漁港のすぐとなりが砂浜になっているので、駐車場から海水浴場までがすぐ近く。
 
シャワー、トイレ、海の家もあります。
 

スポンサーリンク

 

 

居組県民サンビーチってこんなところ。

兵庫県新温泉町にある「居組(いぐみ)」という漁村にあるこじんまりとした海水浴場です。
 
周囲を岬と不動山(という名前の小さい島。下の写真の右側に写っているヤツ)に囲まれているので、日本海側なのに波が穏やかなことが多いです。
 
夏場は北風が吹きにくいので、特に凪いでいる日が多い印象がありますね。
 
海水浴場はかなりの遠浅で、結構沖の方まで行っても足がつきます。
安心して子供を遊ばせることができますね。
 
ビーチのまわりには、石積みの堤防や、ちょっとした磯場もあるので、磯遊びも楽しむことができます。
 
今年も夏から秋にかけて、何回か遊びに行ってきました。
 

息子氏、海に大喜び

 

「海だぜ、ヒャッハー!」
 
息子氏、今年も海を目の前にするとバイブス爆アゲ。
 
見事な昇龍拳です。
 

でも、深いところに行くのは怖いので、遊び方はかなりおとなしめ。笑
 
箱メガネを買ってあげたら、大喜びで足元の砂を永久にガン見していました。
 

 

遊び方が間違っています。
 
違う、そうじゃない。

 

こんな感じの、遠浅の砂浜が広がっています。

透明度がすごくないですか!?
 

客層としては、ファミリーが多い印象。
 
今年の夏の連休でもこれぐらいの混雑具合でした。
 
大阪圏内の修羅のビーチに比べたら、だいぶゆったり遊べますね。
 
阪神間から近いプールや海水浴場は、ガンジス川状態になっていることがありますからね。
 
居組県民サンビーチは平和です。
 
 

浜の近くは水深が膝下ぐらい。
 
波が穏やかなら、ビニールプール感覚で子供を遊ばせることができます。
 
ハイハイしても水に顔がつからない。
 
水遊びは好きだけれども、泳ぐのは怖い息子氏もご満悦のご様子です。
 

この日は本当に快晴、ベタ凪。のどかで良い日でした。
 
動き疲れたのか、石に座って
 
「海藻を引きちぎっては丸める」
 
という、なぞの遊びを始めます。
 
息子氏いわく
 
「ハンバーグを作っている」
 
とのことです。
 
ビーガンですね。
 

 

右手に海藻ハンバーグ、左手に父が捕獲したチャリコ。
 
釣りも水遊びも満喫です。
 

最後は風呂に入るみたいにくつろいでいましたね。
 
おっさんなのかな?
 

混んでいる日でも、スペースがあいていることが多いです

こじんまりとしたビーチですが、夏の連休ど真ん中に遊びにいってもタープを張るスペースは確保できました。
 
それもギチギチじゃなくて、写真の通りゆとりを持って。
 
昼ごはんを食べたあとは、海で遊んでいる息子を眺めながらゴロゴロ。
 
至福の時間です。
 

釣りやシュノーケリングもできるよ

ビーチの西の端に、石積みの堤防があります。
 
堤防の内側(ビーチ側)はかなり浅いのですが、外向き(西向き)磯場になっていて、結構水深がある(3m~5mくらい)ので、こちらでは釣りやシュノーケリングを楽しむことができます。
 
磯周りや、石積みの足元付近が魚の付き場になっていますね。
 
※他の海水浴客が多いときは危ないので、無理に竿をださないようにしましょう。
 
水深が深いところに行ってみると改めて感じますが、ムチャクチャ水がきれいです。
 
このたとえがいいのかはわかりませんが(笑)プールなみの透明度。
 
きれいすぎるので、魚からも人間が丸見えなんでしょうね。
 
潜ってみましたが、あまり大きな魚はみられませんでした。
 
大物を狙うなら夜釣りが良さそうですね。
 
と、釣り人目線でガチで釣り場論評してしまいました。笑
 
ベラ、サンバソウ(イシダイの子供)、小アジ、アオリイカなんかがいましたね。
 
魚突きをしても楽しかったです。
 
写真は撮っていませんがアオリイカがとれました。
 
父のほうが本気で遊んでいる件。笑
 
この日はのべ竿のウキ釣りで小物釣りです。

こんなチャリコ(タイの子供)がなんぼでも釣れましたね。
ブルーの斑点がとてもきれいです。

スポンサーリンク

 

磯遊びもできるよ

ビーチとは少し離れるのですが、漁港の北側には、磯遊びができるいい感じの磯場があります。
 
磯場の中にちょっとした道が作ってあったりして、磯にしてはかなり足場が良いです。
 
この場所も、島と岬に囲まれた天然の港になっていて、外海が荒れているときでも波は穏やかなことが多いです。
 
安心して遊べますね。
 

貝を拾ったり、タイドプールに取り残された魚を観察したりして遊んでいる母と息子氏。
 
ふたりとも夢中になっています。
 

こんな感じのゴロタまじりの平坦な磯場です。
 

アングルを工夫すれば、ガチの磯を冒険しているっぽい写真を撮ることもできます。笑
 

磯場の最北端付近は外海との水の通り道になっていて、深いし流れが速いです。
(小さい子供を遊ばせるには、ちょっと危ないかもしれませんね)
 
エチゼンクラゲでしょうか?
 
外から流れて入ってきた、バカでかいクラゲがぷかぷかういていました。
 
こんなに大きなクラゲを見たのは初めてだったので、あまりのデカさにビビりました。笑
 

 

磯場のお魚調査

磯場をお散歩中に、なぜか、たまたま、偶然ロッドを持っていたので、どんなお魚がいるか調査してみました。

 

エコギアアクア、小魚ならマジでなんでも釣れる。

 

 

ルアー回収で早巻きしているときに、ミスバイトでボフッと水面が炸裂したので狙ってみました。

 

何度かキャストしてみると、魚がルアーを追いかけては来るのですが、直前で見切って反転してしまいます。

 

あーでもない、こーでもないとやっているうちに、だんだんアツくなってきます。

 

奥さんが面白がって、撮影してくれていました。

 


www.youtube.com

 
画面奥のサラシが出ているところに、ルアーを投げ込んで、少し沈めてから気持ち早巻き。
 
半分ぐらい巻いてきたところで、巻き速度を緩めて、食わせの間をいれると
「ガツン」
とヒット。
 
ツイッターではさらっと釣ったかのように書きましたが、実際はだいぶ本気で必死ですね。笑
 
他には、磯の浅場に(小さすぎて針がかりしませんでしたが)チャリコとか、ベラとか、クサフグとか、定番の小魚がたくさんいました。
 

まとめ

のんびり遊べて良い海水浴場!
 
基本的に遠浅でおだやか。子連れのまったり海水浴も、のんびり磯遊びも楽しめる!
 
そして、なんといっても水がきれい!
 
深いところもあるので、シュノーケリングにも最適です。
 
もうね、気に入りちゃって通っています。笑
 
10月に入りましたが、今年はまだ温かい日が多いので、タッパー(手軽に着れるウエットスーツみたいなやつ)を着れば、十分遊べるとおもいます。
 

 
みなさんも機会があれば、是非遊びにいってみてください!
いいところですよ!
 
ではまた!