がーくん水産~2号店~

まったり更新の釣りブログです。子供が大きくなってきて、一緒に遊ぶのが楽しくなってきたので最近息子とのお出かけ記事が多目になってきました。いろいろご縁がありまして、最近では兵庫県北部但馬地方推しになっています。雑多なブログですがよろしくお願いいたします。

手強いアイツ

スポンサーリンク



あかんかった・・・


先日の日曜の深夜・・・。おばけ

デイゲームで連続でスカくらったので、
今度はナイトゲームへ出発。


潮が動かない小潮の上げ止まり寸前というビミョーなタイミング。


小潮なりに、まだマシなタイミングはあったが、
仕事と体力の関係で、どうしても出発が遅くなってしまう。


おとなしくメバルか、最近好調らしいチヌでも狙えばええんでしょうが、
どうしてもシーバスが気になりまして。


ま、ルアーが投げれればえっか、
という軽い気持ちで、チャリンコ時速30キロで釣り場に向かいます。自転車

日付が変わるころに、尼崎の伝統と実績のアフターシーバスポイントに到着。


流れナシ!!


シーバスの気配ナシ!!


ボラ+ニゴイ多し!!


トリプルクロスカウンター(?)です。


とりあえず、流れで釣るのは諦めて、近くの橋の明暗に陣取る。


タイドグラフ上で、上げどまりの時間になったところで、
ゆるやかにだが、下げの流れが効きだして、
にわかに水面がざわざわしだしたと思ったら、
橋の下の暗い部分で


「ボフ!!」


っとボイルがはじまる。


実に岸から竿一本分の距離。


このボイルが曲者で、完全な定点ボイル。
ベイトが近くに来た、ドンピシャのタイミングしかボイルしない。


しかも、このシーバスの警戒心がスゴかった。


ルアーの着水音でボイルが沈むのはもちろん、
足音や、キャスト音にまでシビアに反応してボイルしなくなる。


1投してはルアーチェンジして、
次のボイルが出るまで最低10分は場所を休ませるような釣り。


結局1時間ほど粘って、5投しかしなかった上に、食わせきれずに敗退・・・。どくろ


なかなかに手ごわいヤツでしたわ。


こういう釣りは、こういう釣りで、結構オモシロかったりする。