がーくん水産~2号店~

お引越ししました! まったり更新の釣り&釣った魚の料理ブログです。最近シーバスに偏り気味。阪神間をメインに釣行しています。たまに和歌山。シーバス、アジング、メバリング、青物、ショアジギング、ガチの投げ釣り。

ブルーの呪い②

スポンサーリンク

10月30日。

またまた前日に雨がふっていたけれど、いつものサーフ(ややこしいかな?)にフラット(希望)&ブルー(本命)狙いで出撃。

なんか最近好調やし、雨の水潮関係なしに青物釣れるみたいやし。

もしかしたら、まとまった雨=淡水と海水がの塩分濃度の差が、しっかりとした反転流と潮目を生み、それがいい方向に作用してベイトや回遊魚をシャローエリアまで寄せているのかも知れません。

なんか微妙な潮まわりのはずやのに、妙に流れが効いてて、いい潮目ができてましたから。

ま、難しいことはわかりませんが、釣れるうちに釣っとけってことで。笑

最近使っていなかった愛竿 C3 shore8-1/2を久々に使いたくなったんで、今回のタックルはこんな感じ。

ロッド:bouzプロダクション  C3 shore8-1/2

リール:ダイワ セルテート2510RPE-H

スプールはフリームスのを使用(笑)

ライン:PE1.5号

リーダー:フロロ6号

飛距離が必要な外向きサーフの青物&フラットフィッシングで(このクラスでは飛距離が出るロッドだとは思いますが)8フィート6インチの竿を使うという暴挙です。笑

まだ朝マヅメ前の暗い時間に到着。

ウェーダーをはいていつものポイントへエントリー。

しばらくウロウロしながらパワーシャッドでボトムを探ってみるが、ヒラメからのコンタクトは無し。

そうこうしているうちに、辺りが少し明るくなってきた。

すると潮目付近で跳ねながら逃げるベイトの姿が・・・

おぉ、青物チャンスちゃうん♪

ルアーをジンペンにチェンジし、先程の潮目付近を集中的に狙うとベイトが引っ掛かってきた。

サヨリ

・・・え?サヨリ

あっちの潮目に投げても、こっちの潮目に投げても、引っ掛かってくるベイトはサヨリ

ここのサーフの潮目にサヨリが溜まっているなんて珍しい。

大雨の影響か?

サヨリイワシに比べると歓迎すべきベイトでは無いんですよねぇ~。

シーバスだけじゃなくて、青物もサヨリつきは難しいっすからね。

だが、サヨリ、恐れるに足らず!!

なぜならば、我輩にはサヨリパターン必殺ルアーのパラガスがあるからだ!!

(ロングミノーのジャークが効くんよね~)

もらったも同然!!

フハハハハ!!(高笑い)

フハハ!!

フハ・・・?











・・・パラガス忘れたorz

・・・ま、まぁ、青物なんて、とりあえずトップかジグ投げときゃヒットするっしょ。

そして、そのまま何の異常もなく朝日がのぼり、朝マヅメが終了した。

・・・\(^o^)/オワタ

あまりの反応のなさに心が折れ、「あぁ、こんなことだったらジンペンにひっかかってきたサヨリを逃がさずに確保しとくんだった・・・」などと敗北主義者的思考をしながら撤収しようとしていると・・・

どこからともなく現れて、自分の前を泳ぎ去っていくイワシの大群が。

ただ、まったく追われる様子はなく、悠々と泳いでおります。

あのねぇ、君たち。 ベイトというのは捕食者に食われることが仕事だろう。 それを朝マヅメが終わった後に出てきて、しかも逃げ惑う様子もないとはどういう体たらくかね!?

などとイワシにくどくど説教を垂れていると








ドカーン!!

突如背後で凄まじい破裂音。

あわてて振り向くと

水・面・爆・裂!!

マグナム級のナブラが発生!!

しかも自分の目の前!!

ナブラの規模が凄すぎて、本当に物凄い音がしました。

あまりの出来事に若干パニックを起こしながらジンペンをキャスト。

着水後、ワンジャークいれると即ヒット!!

そのあとすぐに2本追加し、計3本をストリンガーで確保した段階でボイルが消失。

シーバスロッドじゃなくて、ショアジギロッドを使って、タモいれせずに取り込みしていれば、確実にもっと数を伸ばせていた・・・。

ま、3本確保したら十分。余は満足ナリ。

今度こそ本当に撤収しようとしていると、遠くの海面になんか違和感・・・。

ん?アレ、めっちゃナブラでてね?

遠くの方で、イマイチよくよく見えないんですが、どうやら浜に追い詰められたイワシを青物の群れが発見・捕捉したらしく、膝~腰ぐらいの水深の場所で、先程同様のえげつないナブラが発生しとります。

突然ナブラ祭りが再開されたので、テンション上がりすぎて半狂乱で遥か彼方のボイル目指して鬼ダッシュ!!

え?なに?

オマエ満足したとか言ってなかったっけと?

あんな盛大なナブラ素通りして撤収できるアングラーなんておらんやろ!!

んで、到着すると同時に沈むナブラ。泣

そして自分が先程いた場所で始まる盛大なナブラ祭り。怒

ナブラ出る→走って追う→ナブラ沈む→

再び走って追う、ということを繰り返す数回・・・。

って、アホか!!どんだけ走らすねん!!

しかも毎回、人が到着するのを見計らったようにナブラ沈みやがって!!

さては・・・

キサマ(青物)!見ているなッ!

よかろう!!スキムボードで鍛えた俺様のダッシュ力、とくと味わえい!!

ステーン☆

盛大にすっころんで、左半身水没びちゃびちゃ・・・。泣

ゴロタサーフ、走ると超危険ですネ(てへぺろ

それでも水没してまで走った甲斐あって、今度こそナブラ祭会場に到着。

そして、腰ぐらいの水深の場所でボコボコやってるナブラのなかに突撃!!

(単にやってみたかったからやった。笑)

そこから怒濤の入れ食いタイム!!

写真撮る暇もない。

もうね、竿一本分の距離での八の字釣法でも青物が釣れる。笑

ナブラの真っ只中で釣りするの、超オモロイ!!

今度はタも入れが必要ない場所なので、かかった魚は、すべてゴリ巻きずり上げ。

(てか、50~60cmの青物を、有無を言わさず瞬殺できるなんて、やっぱりこのロッド、スゲーな・・・)

先程の立ち位置付近にストリンガーをおいてきてしまっていたので、全部リリースして数釣りを楽しみました。

ナブラが消えるまでに、5~6本は釣ったかな?

それにしても・・・

ウェーダー+タモ+ライジャケinルアーボックス4個でダッシュの繰り返し。

口から心臓出るかと思った・・・笑

今度こそ(体力的にも)満足したんで、先程の立ち位置に戻って、ストリンガーでキープしていた獲物を持って帰ろうとしたら・・・

アレ?妙に軽いような・・・?











ふぁ!?

ストリンガーのロープ止めが外れて、獲物が脱走してもぬけの殻

時合を優先して、魚の写真は最後に撮影しようと思って、写真もろくに撮ってないのに・・・。

爆釣したのに、獲物ゼロという衝撃の結末。

しかも、あんなに走ったのに・・・泣

呪われとるどくろ