がーくん水産~2号店~

まったり更新の釣りブログです。子供が大きくなってきて、一緒に遊ぶのが楽しくなってきたので最近息子とのお出かけ記事が多目になってきました。いろいろご縁がありまして、最近では兵庫県北部但馬地方推しになっています。雑多なブログですがよろしくお願いいたします。

【前編】爆風・豪雨!淡路島でガチの親子キャンプしてきました。

スポンサーリンク

 

最近息子がアクティブになってきたので、父は調子にのって、

ちょっとガチ目のキャンプを体験させてやろう

と思いまして、4才児を連れて行くのはどうなん?っていうキャンプにいってきました。

 

あ、あぶないことはしてないですよ!

 

今回は奥さんが自宅待機なので、キャンプ場の利便性とか設備の充実具合とかは何も考えなくてOK!

 

スポンサーリンク

 

やってきました淡路島


f:id:garkun484:20210820080933j:image

やってきました淡路島。

 

青い海、青い空、白い雲。むっちゃ夏です。

 

やっぱり淡路島はいい。島って言う時点で、いい。ワクワクする。

 

 

猪鼻谷フォレストパークキャンプ場

今回行ってきたのは猪鼻谷フォレストパークキャンプ場。

洲本の山の中にあるこじんまりとしたキャンプ場です。

ツイッターのフォロワーさんが激推しだったので、以前から気になっていたのです。

www.inohanaforestpark.com

 

猪鼻谷フォレストパークキャンプ場のご紹介

f:id:garkun484:20210823103054p:plain

猪鼻谷フォレストパークキャンプ場のホームページより

 パークサイト、ヒルサイト、スカイサイト、フォレストサイト、サバイバルサイトの5つのサイトがあり、パークサイトとヒルサイトの間にはきれいな小川が流れています。

パークサイト、ヒルサイトが一番低いところにあり、スカイサイト、フォレストサイト、サバイバルサイトが坂の上にあります。

トイレと水場があるのはパークサイト、ヒルサイト、スカイサイトの3つ。

車を乗入れる事ができるのも、この3サイトのみです。

 

パークサイト

f:id:garkun484:20210820081631j:image

 道路沿いにあるサイトです。

通行量が多い道路ではないので、車の音とかは気にならないと思います。

小川のそばのサイトなので、水遊びをするには便利。

水場とトイレが近く、車の乗り入れができるので、ファミリーキャンプに良さそうですね。

 


f:id:garkun484:20210820081709j:image

ビニールプールがありました(写真右上の緑色のヤツ)

ヒルサイト

f:id:garkun484:20210820081900j:image

こちらも川の近くのサイト。水場とトイレあり。

芝生で平らなサイトなので、テントを張りやすそうですね。

 

スポンサーリンク

 

スカイサイト
f:id:garkun484:20210820081748j:image

こちらのサイトも車乗入れ可能。

川から少し離れた小高い場所にあります。

 

 

 と、ファミリーキャンプにおすすめなのはこのサイトまで。

フォレストサイト

f:id:garkun484:20210820082025j:image

 

f:id:garkun484:20210820082052j:image

サイトっていうか、ガチ森。

よくぞこれを「キャンプ場のサイト」として営業してくれました。

ブラボー。

今年の7月にオープンしたばかりのサイトで、今も整備をすすめている最中だそうです。

地面は岩がゴロゴロしていて、そもそも平坦な場所が少ない。

このサイトに泊まろうと思ったら、まずはテントを張る場所づくり(平坦な場所をさがし、岩をどける)から始めないとだめですね。

木の枝が大量に落ちているので、焚き火の燃料や、ブッシュクラフトの材料には事欠きません。

ソロキャンプでハンモック泊をするならうってつけかな。

もちろんトイレ、水場は無し。

ひとつ下のスカイサイトまで水を汲みにいきましょう。笑

今度このサイトでソロキャンしたいと思います。むっちゃおもしろそうやん?

サバイバルサイト

f:id:garkun484:20210820082224j:image

いや、サイトの名前なw

 

今回はこちらのサイトを利用させてもらいました。

 

区画分けがないフリーサイトです。

 

もともと畑か田んぼだったんでしょうか?きれいな長方形で広くて平坦なサイトです。

テントやタープは張りやすいですが、ネックは草がボーボーに生えていること。笑

ま、気にしない気にしない。

 

猪鼻谷フォレストパークキャンプ場のなかでは一番上に位置していて、とても見晴らしがよいです。

 

晴れた夜には星がきれいに見えるのが、このサイトのウリだとか。

 

写真左側が急な斜面になっているので、酔っ払って転落しないように注意が必要です。笑

 

道中の道がかなり細いので、車の乗り入れができません。

(バイクなら余裕で入れそう)

 

そして、もちろん水場とトイレは無し。

 

最寄りのスカイサイトの水場とトイレを使うことになります。

頑張って坂道を歩きましょう。笑

 

僕が行ったのは連休中日だったのに貸し切りでした。

広大なサイトを独占。超贅沢。笑

 

ちなみに、今回は他のお客さんがいなかったためか、オーナーさんから

「トイレまで行くのがたいへんだったら、そのへんですませてもらってかまわんよ。後始末はきちんとしてね」

との温かいお言葉をいただきました。

(オーナーさんはボーイスカウト経験者らしく、ガチアウトドアに非常に理解があるご様子)

 

山の作法を守れるならば、野グソ公認。上級者向けですね。笑

 

設備を紹介

トイレ


f:id:garkun484:20210820082139j:image

仮設トイレでしたが、掃除が行き届いていてとてもきれいでした。

ちゃんと洋式です。

水場

f:id:garkun484:20210820082114j:image

まだ新しいキャンプ場なので、水場もとてもきれい。

夜は明かりが付きます。

水道水ではなくて川の水を引いているようなので、飲料用にするには一回沸騰させた方がよいでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

古民家

f:id:garkun484:20210820081933j:image

キャンプ場の施設ではないですが、キャンプ場の中に古民家が。。。

シェアハウスになっているらしいです。

楽しそうでいいですね。

古民家裏の川

f:id:garkun484:20210820081821j:image

設備ではないですが、古民家の裏にある、川というか、溝というか。

流れている水はとてもきれい。

この川は、オーナーさん曰く

「風呂」

シャワーがないキャンプ場なので、風呂に入りたくなったら川に浸かればよいとのことでした。

ワイルドですね。

きれいな小川(猪鼻川)f:id:garkun484:20210821073659j:image

 これまた設備ではないですが、

キャンプ場のすぐそばにきれいな小川が流れています。

水深が浅いので、子供と一緒に遊ぶのに最適でしたね。

ガサガサをしたら、えげつないぐらい大漁でした。

息子も大喜び!

まとめ

今回は猪鼻谷フォレストパークキャンプ場をさらっとご紹介。

むっちゃいいキャンプだったので、気になった人はぜひググってみてください。

オーナーさんめっちゃいい人!

次回に続く!

ではまた!