がーくん水産~2号店~

お引越ししました! まったり更新の釣り&釣った魚の料理ブログです。最近シーバスに偏り気味。阪神間をメインに釣行しています。たまに和歌山。シーバス、アジング、メバリング、青物、ショアジギング、ガチの投げ釣り。

釣ったメバルを捌いて食う

最近、魚の料理ネタ書いてませんでしたので、ひさびさに。

 

 

メバルの清蒸(チンジョン)

作り方は至って簡単。

ブツ切り、もしくは火が通りやすいように切れ込みを入れたメバルと、スライスした新生姜、テキトーに切ったネギを器にいれ、紹興酒(普通の料理酒でもいいが、紹興酒で作ったほうが断然うまいと思う)

清蒸(チンジョン) : Keep Casting. Leon's style fishing.

確か自分は、↑のレオンさんのブログで初めて知ったような。

ブログではハタでやってますが、メバルでも全然ウマいです。

新生姜がなければ、普通の生姜のスライスでもok。

ただ、普通の生姜で作る場合は、薄めにスライスしたほうがよいかと。

ハタ、メバルだけじゃなくて、根魚全般、もっというと白身の魚なら相性がいい料理だと思いました。

 (写真撮り忘れたっぽい……)


f:id:garkun484:20200628223106j:image

ので、もっかい作ったぜ。

自分はサラダ油じゃなくてごま油、仕上げにナンプラーを少々かけるのがお気に入りです。

やっぱり煮付け

f:id:garkun484:20200622010651j:plain

王道ですね。

やっぱりメバルは煮付けが絶品。カマとか頬肉とかの頭の肉が超うまいです。

自分はあまり水は入れずに、料理酒でやっちゃいます。

砂糖適当、醤油と味醂は1:1で。測ってないからしらんけど。笑

写真みたいに煮汁少なめでも、落し蓋のかわりにリード(キッチンペーパー)とか使えば、ちゃんと味が染みるので問題ナシ。

息子がほとんど食ってしまって、お父さんには残骸しか残っていなかったよ。笑

刺身

f:id:garkun484:20200622010554j:plain

ちょっと盛り付けがアレですが……笑

半分が刺身で、半分が皮付きの炙り。

皮の味がうまいんで、炙りも味はいいんですが……

f:id:garkun484:20200613222642j:plain

サイズがいいメバルを使ったんで、皮が硬い。

イマイチでした。笑

刺身の方は、5日間ほど冷蔵庫で寝かして作りました。

血抜きと、内臓の処理、水分の処理は必須ですが、ちゃんと締めて、ちゃんと保冷して、ちゃんと捌いて熟成させると、旨味がアップするんで刺身が本当に美味しくなります。

あっさりした白身なんだけれども、ほのかに甘みがあって非常に美味。

またやろう。

アクアパッツア

f:id:garkun484:20200622010638j:plain

なんかトマトとかきのことかにんにくとかオリーブオイルとかいれて、アサリと一緒に白ワイン(はなかったんで、普通の料理酒使いましたが)で煮込むヤツ。

うまかった。

はじめて作りましたけど、しっかりした身質の白身魚なら何でも合いそうな料理法ですね。

カルパッチョ

f:id:garkun484:20200622010704j:plain

コレもうまかった。

これまた、熟成させたメバルを使って、塩コショウ、レモン汁とオリーブオイルでカルパッチョ

玉ねぎとベビーリーフは買ってきた野菜ですが、上に散らしているラディッシュは家庭菜園産。食う前に庭から引っこ抜いてきました。

(収穫が遅れて、ちと筋張ってましたが。笑)

釣った魚と、自分で育てた野菜を食す。

なかなかの贅沢ですね。笑

まとめ

炙りは(味はうまいけれども)微妙だった。笑

この記事を書いているのは6月下旬。

メバリングシーズンも終わり直前だけれども、阪神間では一番イージーに良型のメバルが釣れる季節。

釣ってよし、食ってよしの魚なんで、シーズン終了まで狙い続けてみようかと思います。