がーくん水産~2号店~

まったり更新の釣りブログです。子供が大きくなってきて、一緒に遊ぶのが楽しくなってきたので最近息子とのお出かけ記事が多目になってきました。いろいろご縁がありまして、最近では兵庫県北部但馬地方推しになっています。雑多なブログですがよろしくお願いいたします。

冬の阪神間の穴場釣り場!?平磯緑地で釣りをしてきました。釣り場の紹介編

スポンサーリンク

塩屋〜垂水に位置する平磯海釣り公園。

阪神間では有名な、全長1.4kmの大きな海釣り公園です。

今回は、平磯海釣り公園ではなくて、その最西端にある、平磯緑地の中の海辺のベランダ「平磯ベランダ」で釣りをしてきました。

海釣り公園ではないので、釣り料金はもちろん無料です。笑

 

平磯ベランダってこんなところ

平磯海釣り公園の周辺を囲むようにある大きな公園が平磯緑地。

その平磯緑地の西端にある海辺のベランダが平磯ベランダです。

 

最寄りの駐車場

平磯緑地内にあるなぎさの池駐車場がいちばん近いみたい。

(いつも電車かバイクでしか行かないので、駐車場は利用したことがないのです)

駐車場の開放時間は決まっているようなのですが、料金は無料みたいです。うれしいですね。

最寄りの釣具店

フィッシングマックス垂水店が直ぐ近くにあります。


f:id:garkun484:20220302142235j:image

エサや仕掛けなんかは、ここで購入するといいですね。

平磯ベランダの特徴

平磯緑地の公園を抜けると、すぐに海。


f:id:garkun484:20220302142326j:image


f:id:garkun484:20220302142346j:image

平磯ベランダはこんな感じの場所。


f:id:garkun484:20220302142404j:image

テトラ帯の内側にあるので、波は比較的穏やかなことが多いです。

水深は浅め。ちょい投げで地形をさぐってみても、結構のっぺりとしていますね。

平磯ベランダの釣り場としてのポテンシャルは?

ぶっちゃけ、釣果を優先する釣り場としては、周辺の一級ポイントに比べたら劣るかな、と。

そこまで潮通しが良いわけでは無いですし、はっきりとした地形変化も少なそう。

一応、良い日に当たればガシラの数釣りができたり、小さいながらもメバルの群れがいたりします。

釣果を狙うとしたら、平磯ベランダの中でもなるべく南側に陣取って、テトラ周りの地形が変化するポイントや潮流が変化するポイントを狙って行くのが良いと思います。


f:id:garkun484:20220302142504j:image

写真のテトラの隙間から払い出す流れがでます。明石海峡近くの釣り場なので、流れ自体は結構強烈な速さです。

平磯ベランダのいいところ

この釣り場の長所は、安全性と遊びやすさ。

特に子供と釣りをするなら、足場は良いですし、柵があるので海に転落する危険もありません。

少し離れていますが、最寄りの釣具店「フィッシングマックス垂水店」さんに行けばトイレも自動販売機もあります。

おなかが空いたら、釣り場のすぐ裏がうどん屋さんです。笑


f:id:garkun484:20220302142538j:image

そして何より、地形的に北と西方向の風をしのぐことができるのが大きい。

 

冬型の気圧配置のときには、たいてい冷たい北西風が吹くのですが、この釣り場なら北西風の風裏になります。

凍えながら釣りをしなくて住むんですね。

晴れた昼間であれば、冬でも比較的暖かいです。

この利点は大きい

ガツガツ釣果を求める釣りではなくて、親子でのんびり竿出しをする場所としては、なかなかいいんじゃないかと思います。

まとめ

と、釣り場の紹介編はこんなところで。

次回はいよいよ実釣編!

乞うご期待!(しないで。笑)

ではまた!