がーくん水産~2号店~

まったり更新の釣りブログです。子供が大きくなってきて、一緒に遊ぶのが楽しくなってきたので最近息子とのお出かけ記事が多目になってきました。いろいろご縁がありまして、最近では兵庫県北部但馬地方推しになっています。雑多なブログですがよろしくお願いいたします。

コスパが良くて効果的な防寒対策

スポンサーリンク

f:id:garkun484:20211127113700p:plain

寒くなってきたので、防寒対策について書いていこうと思います。

特にキャンプや釣りなどのアウトドアでの防寒対策というと、アウターを思い浮かべる人が多いと思いますし、アウターに関しての記事も多いと思いますので、そこは省略。

この記事では見落とされがちだったり、そもそも意識されていなかったりしているけれども効果的でコスパがいい防寒対策を、極寒の冬山で働きながら、ときにマイナス10℃の寒空のなかバイク通勤してたワタクシがーくんが実際に使ってみておすすめできると思ったものをご紹介していきたいと思います。

みなさんの冬のアウトドアが少しでも快適になれば嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク

 

インナーにこだわる

アウターにこだわる人は多いかと思いますが、防寒対策に重要なのは、良いインナーを選ぶこと。

ユニクロヒートテックもいいんですが、ヒートテックの吸湿発熱素材にはレーヨンという素材が使われていて、これが濡れると乾きにくいんですよね。

なので、汗をかくと乾きにくい。汗冷えしやすいんです。

運動量が多いアウトドアには、ちょっと不向きですよね。

なので、ぼくは、優れた保温性を持ちながら、速乾性にすぐれているモンベルのジオラインを愛用しています。

これ、温かいのに汗で濡れてもぜんぜん冷たく感じないんですよね。しかも、本当にすぐ乾く。

Amazonではラインナップがわかりにくいので、モンベルのオンラインショップのほうが探しやすいかもしれません。

薄手のものから厚手のものまで、色々と選択肢があります。

どれを選ぶかは実際に使用するシチュエーションや、お住いの地域の気温なんかで判断するとよいかと思います。

ぼくは、春、秋、冬の3シーズン使えるように&アウトドアだけではなくて、普段着としても着用しているので「中厚手」を使っています。

 

インナーにしてはお値段が高いように思いますが、モンベルの製品ってガチの登山に耐えうる高い性能を誇りながらこの値段ですからね。

耐久性もすごくて、ジオラインの中厚手3着を洗濯しながら毎日着回して、2年目突入ですが、本当にヘタりにくいです。

多分、1着あたり90回くらいは洗濯したんじゃないかな?

耐久性パネぇっす。

このインナーは本当に買って良かった。

スポンサーリンク

 

 

 

あと、ぼくは持っていないのですが最強とウワサされているのがこのインナー

その名も陽だまりエベレスト。名前のインパクトがやばい。笑

その名の通り、究極に温かいらしいです。

だれか実際に着てみて感想をおしえてください。笑

下半身の防寒対策

おろそかにされがちなのが下半身の防寒対策。

普通、上半身はモコモコと着込みますが、下半身はせいぜいズボンの下にタイツを履くぐらいでしょうか?

でも、下半身こそしっかりと温めてあげると、かなりの防寒対策になります。

ほら、足湯とかこたつに入ると、めっちゃあたたまるじゃないですか。あれですよ、あれ。

インナー用のダウンパンツ

ぜひおすすめしたいのがズボンの下に履くことができる、薄手のインナー用のダウンパンツ。

(別にダウンじゃなくても、中綿とかでも十分あたたかいです)

本当のことをいうと、アウター用のダウンパンツが最強だとは思うのですが、インナー用だと、いつも履いているズボンの下に履くことができますんで、アウトドアシーンだけではなく、普段の生活でも使えるんですよね。

ジャケットの下に、ユニクロのウルトラライトダウンを着る感覚です。

ズボンの下にこれを履いておくと、上着を一枚減らせるぐらいにあたたかいです。ぜひだまされたと思って試してほしい。

本音を言うと、ワークマンのインナーダウンパンツがあたたかい上に凄まじく安いので、超絶オススメなんですが、人気がすごいので、ざんねんながら、多分もう売り切れているかな…

レッグウォーマー

レッグウォーマーを使っている人って、かなり少数派じゃないでしょうか?特に男性だと。

でも、レッグウォーマーをつけると、本当に足先がぬくいんですよね。

ズボンの下に履くので、別に目立つものでもありませんし、一度ためしてみてもらいたい。

安いレッグウォーマーで、十分に効果を実感できます。

足先の冷えが気になっていた方は、ちょっと感動すると思います。

別にリンクの商品じゃなくても、お近くのワークマンなんかで販売していたりするので、気に入ったものを選んでいただければ良いかとおもいます。

手首をあたためる

手袋に関しては選択肢も多いですし、すでにお気に入りを持っている人も多いかとおもいますが、見落とされがちなのがリストウォーマー。手首の防寒アイテムです。

これもレッグウォーマーと同じで、手首を温めることで手の冷えが軽減されます。

とくに手指の感覚が重要になる釣りでは、薄手のグローブや指出しグローブしか使えないので非常に重宝しますね。

別にリンクの商品でなくても大丈夫なので、特に冬に釣りをする方は一つ持っておくといいと思いますよ。

まとめ

機能性の高いアウターや、手袋、ブーツは防寒対策としてもちろん効果的なんですが、今回記事にしたような地味な防寒対策って、意外と見落としていたんじゃないでしょうか?

防寒対策で重要なのは

・全身防寒対策すること

→上半身だけやたらと着込みがちですが、それでは不十分。下半身の防寒対策もきちんとしてあげるとかなり効果を実感できますよ。

・「首」が付く場所を温める。

→マフラーやネックウォーマーで首を温めるのはもちろんなのですが、手首や足首を温めて上げるとかなり効果的です。

手首や足首は大きな血管が通っているので、そこを温めてあげることによって手や足先の血流が温まって、ゴツい防寒ブーツや分厚い手袋をしなくても、手や足先がポカポカになります。

これは心の底からおすすめ

今回ご紹介したアイテムは、どれも値段の割にはかなりの効果を実感できると思うので、冬のアウトドアに導入してみてください~。

ではまた!